指定通所介護・指定居宅介護支援事業所

ケアーハウスこだまとは

  • HOME »
  • ケアーハウスこだまとは

平成82月、中丸子の自宅を開放して高齢者デイサービスを開所しました。ボランティアから始まった当施設は平成10年には川崎市の小規模デイサービス施設として認可され、平成14年2月に丸子通1丁目の3階建てビルの1階に移転をいたしました。

令和3年3月からは丸子通2丁目ローエングリーンハイツに引っ越しをして営業しております。現在は1日あたり23名様を受け入れ可能人数とし、6名前後の介護スタッフ、1名の看護師、2~3名の送迎ドライバーが皆様をお待ちしております。

私たちはご利用者様の笑顔を1番に考え安心と安全な介護を提供して行きます。また職員の1人1人が皆様に愛されるよう努めています。

ケアーハウスこだまは何が出来る所なの?

サービスを提供している時間は7時間(95517:00)です。ご利用者様ごとに必要な介助を受けながら、食事・入浴・排泄を安心して行うことができることを基本に、レクリエーションや脳トレ、座ったままでもできる体操などを行い、自宅では味わえない刺激のある時間をお過ごし頂けます。また、ご希望される方は、開設以来続けているパッチワークを中心とした作業療法も行うことができます。ご自身はもちろんご家族様にも「まだ出来る」と言う喜びや安心感を感じていただきたいと思っております。

職場改善にも取り組んでいます。
私たちは職員の環境改善にも取り組んでいます。
小さい子供の育児中であったり、家族の介護を抱えていたりする職員には勤務時間の見直しを行い、随時相談を受けながら勤務時間の調整を行います。隙間時間でも働ける様に面接時にも時間相談を受け付けています。

 

○食事

生きて行くに最も大切な食事。その食事をケアーハウスこだまは手作りにこだわっています。器こそプラ容器ですが、副食は地元の「こもてなし」より心を込めて作った手作りの献立になっています。自宅ですと1人で食欲が湧かない所をご利用者様と楽しく、しっかりと栄養を摂って頂けます。

↑丸子通1丁目でデイサービスを行っていた時には社長も腕を振るっていただきました。ご利用者様からとても好評でした。R3.3からは「こもてなし」さんにバトンタッチして皆様のお食事をサポートさせていただきます。

○入浴

1人用の個浴を使い入浴が可能です。お風呂のお湯には硫黄の素を使用し、簡易的ではありますが天然の硫黄泉となっており、温泉気分で入っていただけると思います。浴室は家庭的な雰囲気のあるデザインとなっております。

○排泄

デイサービスルームには車椅子対応のトイレを2室設置いたしました。1人でも排泄を済ませられるようになるまでを目標をお手伝いさせていただきます。

 

 

ケアーハウスこだまの雰囲気
PAGETOP
Copyright © ケアーハウスこだま All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.